人は変われる。何歳からでも

今年の3月末、桜が咲き始めた頃にコミュニケーションワークショップを開催しました。
これは、僕がここ2年ほど、内容をブラッシュアップしながら続けているワークショップです。

とにかく楽しくて評判がいいんです。

ただ「頭で考えるだけ」ではなく、実際に、色々なワークをしながらコミュニケーションをとっていきます。

理論や理屈よりも、「とにかく楽しみながら実践」
してもらうことに集中してもらうのです。

そうすると、開始前は緊張していた参加者の皆さんが
ぱっと笑顔になります。

色々な人と楽しくコミュニケーションがとれます。
会話も自然とはずみます。

こうやって「コミュニケーションを楽しむ」ことでコミュニケーションへの苦手意識(メンタルブロック)が自分でも気が付つかないうちに外れていくんです。

僕自身もかつてはコミュニケーションが、ものすごく苦手でした。

昔は恋愛や就職なんて自分には不可能ではないかと思っていました。

恋愛も就職もコミュニケーションが取れなくてはどうしようもないですよね。

だから、その当時は絶望してしまっていたんです。

絶望して、『死ぬか頑張るしかない』とまで思いました。

ここがどん底だと思えるところまで行ったのです。

そして、ある時、一念発起しました。

死ぬことを考えるくらいなら一度死んだつもりで頑張ってみようと。

すぐに何もかも改善とはいきませんでした。

そんな苦しい中で、石にかじりつくような思いで色々な本をむさぼり読みました。

少しでもできそうなことを実践しました。

実践して、失敗したと思ったら改善する。

これをひたすら繰り返していました。

とにかく無我夢中でがんばりました。

そんな日々が続いていたある時、ふと、だいぶ吹っ切れた自分に気づきました。

前よりいろんなことにいちいち傷つかなくなっていたのです。

念願の初めての彼女もできました。

今なら、就職だってもしかしてできるんじゃないかと
思えるほどになっていました。

その後、人より遅れて25歳で初めて就職しました。

システムエンジニアというコンピュータ関連の仕事です。

でも、まだまだハッピーエンドではありません。

就職が出来て喜んだのも束の間でした。

今度は、職場で孤立してしまい苦しい毎日を過ごしました。

特にランチタイムは苦痛でした。

先輩についていっても孤立するだけでしたので、一人で食べるようになりました。

でも、どう思われているかが気になって苦痛で仕方ありませんでした。

いっそのことランチなんてない方がよほど楽でした。

彼女をつくりたいと思い、参加するようになった合コンでも散々な目にあいました。

あまりに挙動不信だったので、会話しても変な目でみられました。

その度に深く傷つきました。

恋愛も仕事も、苦しみながら、傷つきながらトライ&エラーを繰り返しました。

本もたくさん読みました。

20歳の時から30歳までの10年間で恋愛やコミュニケーション改善のために1000万円以上は使いました。

そこまでしても、僕は自分を何とかしたかった。

一生このまま「コミュ障」ではいやだ・・。
※コミュ障・・・コミュニケーションに障害があること。

人並みに恋愛も結婚もしたいし、仕事もちゃんとやりたい。

今の状態を何とか変えたいと必死であがいていました。

その甲斐があって、よい条件の安定した会社に転職ができました。

その後知り合った女性と結婚もしました(今の奥さんです。)

ようやく平穏と幸福が訪れ始めたと思いました。

そして、長い苦しみから抜け、安定した会社生活を手に入れた時、自分の中に突然、ある情熱が湧いてきました。

それは、「昔の自分みたいに、コミュニケーションや恋愛がうまくいかず苦しんでいる人を支援したい」という想いです。

そう思ったらいてもたってもいられなくなって、カウンセリングやコーチング、コミュニケーションなど片っ端からいろんなことを学び直しました。

今度は自分自身のためではなく、かつての自分のような人を支援するために。

僕は、なんとか短期間で解決できる方法はないのか?と
必死に考えました。

自分があれほど苦労して時間をかけて解決して来たものを、もっと短期間に解決できれば、コミュニケーションで苦しんでいる人たちの役に立てるに違いない。

カウンセリング、セラピー、コーチング、ワークショップ。

いいという評判のものはなんでも取り入れてみました。

無我夢中で学びました。

そうしてやっと「かつて僕が苦労して来たことが短期間に改善できる!」と確信する方法が出来あがったのです。

最初にクライアントになってくれた方は、27年間彼女がいなかった男性でした。

そんな彼にも、彼女ができました。

最近は、結婚も意識し始めているそうです。

その後も多くの成果が出て数年の経験を積み、独立開業に至りました。

それから、さらに2年半ほどが経ちました。

冒頭で書いた通り、コミュニケーションワークショップを
開催しました。

初めて開催したわけではないのですが、進化したコミュニケーションワークショップで自分自身とても楽しい時間を過ごせました。

帰宅後、ワークショップで撮った写真を整理していました。

その中で、最後に撮った集合写真に目が止まりました。

その写真はみんないい笑顔でした。

そしてよく見るとその中心に自分がいるのです。

ふと、かつてのコミュニケーションがものすごく苦手だった自分を思い出しました。

そうしたら、自然と涙が出ていました。

かつては、人生に絶望して、死んだほうがいいとまで思った自分。

それが今は心理カウンセラーとして活動して、あれほど苦手だったコミュニケーション改善のワークショップを開催している。

「人は変われるんだ」としみじみ思い、泣けて来てしまったんです。

たとえ今、コミュニケーションや恋愛が苦手でも、
人は変わることができます。

僕自身は10年近くかけて少しずつメンタルブロックが外れていきました。

当時は話を聞いてくれるだけのカウンセリングしか身近に
見当たらなかったからです。

だからこそ、僕はかつての自分のように恋愛やコミュニケーションに悩む人が短期間に変わる方法を提供しています。

僕のカウンセリングは、通常ではあり得ない心の深い部分に働きかける方法をとります。

だから短期間に大きく変化していくのです。

自分が望むような優しい彼が出来た方。

彼女ができた方。

自己主張がしっかりできるようになった方。

うつが改善した方。

今までたくさんの方に効果を感じて頂いています。

もしあなたが、今の自分を変えたいと思っていらっしゃるなら・・

僕は心の底からカウンセリングをオススメしたいです。

そして、もしカウンセリングに来て頂いた方には全力でサポートさせて頂きたいと思います。

今すぐ自分を変えたいと思うあなたは、ぜひカウンセリングをご検討下さい。